平安時代後期から鎌倉時代には書院などから眺める 池泉鑑賞式 や 園内を歩きながら楽しむ 池泉回遊式 へと変遷. また 万葉集 の中に見られる古い苑池を詠った歌首の中に 例えば 島の宮匂まがり の池の放ち鳥人目に恋ひて池に潜 かつ かず 170 御立せし島の荒磯 あ りそ を今見れば生ひざりし草生びにけるか. 二之丸庭園 […]

また 万葉集 の中に見られる古い苑池を詠った歌首の中に 例えば 島の宮匂まがり の池の放ち鳥人目に恋ひて池に潜 かつ かず 170 御立せし島の荒磯 あ りそ を今見れば生ひざりし草生びにけるか. 庭園の池をいい 池を中心とした回遊式庭園を池泉回遊式庭園と呼ぶ 茶庭 ちゃにわ 茶室に付属する庭 露地と同じ意味に用いられ書院の庭を含め広い意味での茶事に用いられる庭をいう 築山 […]