苔に覆われた庭園で お茶を愉しむ 木造銅板葺きの屋根が美しく映える紅松庵は 紅葉渓にある茶室 昭和48年に和歌山市の名誉市民である故松下幸之助氏が市に寄贈したものです 数奇屋造りの建物や苔におおわれた庭には すがすがしくひきしまった空気が流れ 心身ともにすっきり. 和歌山市近郊エリア 番所庭園 番所ノ鼻 と呼ばれた見張り番所跡 万葉ゆかりの地で 海を背景に海岸美が広がります 基本情報 所在地 和歌山市雑賀崎番所ノ鼻 料金 大人600円 小人300円 […]