社寺建築を初めとする伝統建築の特徴的な部分の一つに 木鼻 きばな と呼ばれる部位があります 木鼻とは 柱を貫通する 頭貫 かしらぬき 肘木 ひじき 虹梁 こうりょう の柱. 寺院の内部構造 柱組の名称 伝統建築 寺院 社寺建築 の部位名称 木造伝統建築である社寺には […]

以後仏教の発展に従って 様式や 伽藍 がらん 配置 が変化し 構造は 唐 から 様 大仏様. 寺院建築は中国大陸から伝来した由来から 同じく大陸由来の 瓦 による荘厳な屋根が大きな特長です 中世以降は寺院の建築様式が多様化して 瓦だけでなく銅屋根でも 重厚感のあるたたずまい の意匠が発展してきました. Normal […]