4個の花披裂片のそれぞれの内側に 花糸のない葯が密着している 虫媒花で 花粉をたっぷり出している ヤドリギの雌花 雌花には1個の雌しべがあり 写真では内側が蜜で濡れている セイヨウヤドリギの果実. その出発点から 宿り木の考える 癒し を追及することになりました それは ただ花を並べることじゃない ひとつのイメージの空間を作ること それが誰かの脳裏に焼きつく鮮明なものであること そして 心惹かれる風景であること そこに感動があること 誰かに思いを伝えるとき曖昧な. […]